何も臆する事なく治療へ踏み込めるホワイトニングやインプラント

治療の歴史

インプラントの歴史について

インプラントの治療では、歯を失った所に歯肉を切り開き直接チタン製のインプラントを埋め込みその上に義歯をはめ込む方法をとります。このインプラント治療の成功を導く要因には埋め込んだインプラントと骨が結合して抜け落ちにくくなることが挙げられます。しかし、これまでにインプラント治療の歴史では、骨とインプラントが結合しないことが原因で、取り付けてもすぐに抜けてしまうという問題がありました。様々な物質を素材にして試したのですが、どれも充分に結果を残せませんでした。 しかし、その状況を変えたのがチタンが骨に結合するという発見なのでした。これにより今までのような、骨に埋め込んだ後の不安定さが解消されて、インプラントが大きく発展することとなったのです。

今後の需要拡大の予想について

今までは歯科クリニックで受ける治療と言えば、虫歯や歯周病による病気などが主でした。しかし、現在ではこの他の治療に関する需要も高まってきています。それは、審美歯科と言われる治療です。これは、歯をもっと良くきれいに見せるための治療です。この背景には、男女に関係なく美容が大変注目されてきているなかで、附随して歯を良くきれいに見せることにも焦点が当てられてきました。 インプラントについては、比較的に人に見られる可能性が高く、前歯などのようなところで入れ歯などでは不自然になりがちなものが、ごく自然に装着できて、天然の歯のように見せることができるのです。なので、歯の再生医療ではより見た目良く見せることができるインプラントによる治療はますます、需要が拡大していくことでしょう。

Copyright© 2015 何も臆する事なく治療へ踏み込めるホワイトニングやインプラント All Rights Reserved.